トップページのスマホ対応になりました

こんな具合に、zencart Plug-in以外のスライダーを導入していたのでどうもうまくスマホでの表示がうまくできてなかったんですね。

久々にcssだとかみたらスマホ向けの新しいコードが出ていました。スマホで見る場合画面の幅を取得して、幅がこれ以上ならこれを表示する。それ以上ならパソコン用のを表示する、といった分け方ができるようになってました。以前からスマホ向けがありましたが自分がやることにならないと全然あるの知らなかったですね。

そういうわけでスマホ対応もなりました。

https://watanabesyoji.com/store/

ECサイトこちらです。スマホからでもパソコンからでもアクセス可能になってます。

プレゼント用巾着の無料始めました

メンズは黒、レディースはピンクです。当店のアクセサリーを1個でもお買い上げであれば、こちらの巾着に入れてそのままプレゼントできるようにしました。

この巾着の良いところは、ピンクがツルツルとした子犬の地肌のような触り心地の良さ、黒はざらっとした滑り止めマットのような触り心地、どちらももらって嬉しいさわり心地の巾着です。

巾着無料は当店のウェブサイトで買ってくれた方のみで、Amazonやネットオークションでは普通に売ってる商品です。

ストアはこちらになります。

https://watanabesyoji.com/store/

海開きにちなんだ商品を7個ピックアップしてみました

海に関係ありそうなアクセサリーですね。

船のハンドルのブローチです。ラダーと言ってこれが自動車のハンドルのような役目をする装置です。船のトレードマークのようなものなのでブローチにもなってます。こう言ったものをつけると海を連想させますね。

お値段は2200円 + 198円送料。

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_5_2_62&products_id=1280

こちらはラダーとイカリが一緒になったネックレスです。最初のブローチはキュービックジルコニアの石がたくさんついていてキラキラしていますがこちらは金色のみ、でも別に地味ーなわけではありません。金色がそれらしく輝きを出してます。

ネックレスで夏場の着用だと肌に触れ汗をかいて早く色落ちしてしまう場合があるので、1日付けたら必ず石鹸で汗と皮脂を落として保管するのを忘れないようにしましょう。

お値段は1380円 + 198円送料

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_2_11_93&products_id=1170

こちらも海と言いますか、イメージとしては優雅にビーチでビーチパラソルの下でゆったりと過ごしている時にテーブルに時計が置いてあったら、といったイメージで懐中時計もおすすめです。

優雅なイメージですのでそういったシーンで使おう、としたら良さそうですね。

お値段は3000円 + 198円送料です。

懐中時計は5種類ほど用意してあります。

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_5_79_143&products_id=1279

海のイメージ、といったらやはりイルカです。定番型で定期的な人気があります。外れを引かない安全牌、がイルカです。

中心のストーンは3色あり、ピンク、ブルー、透明、があります。どれも綺麗に太陽に反射していい見栄えを演出してくれます。

お値段は1個 980円 + 198円送料

ピンク

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_5_2_11_15&products_id=914

クリア

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_5_2_11_15&products_id=913

ブルー

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_5_2_11_15&products_id=915

メンズものだとあんまり海に関する商品はなかったので一つピックアップするとしたらこちらの鷹のチョーカーです。海パン姿にこのチョーカーはたくましさをアップさせてくれそうですね。

お値段は1500円 + 198円送料です。

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_5_8_89&products_id=648

まとめ

以上が海開きに関する商品でした。夏場はアクセサリーを付けないという人もいればむしろ付けたい、と2つに分かれるようなものです。付けたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

スライダーに広告を1個追加しました

シリーズものとして軽い贈り物として定期的に売れ続けるキーホルダーウォッチシリーズです。

てんとう虫と目覚まし時計とふくろうの3種類。

傾向を見ると卒業シーズンの贈り物や、誕生日などの高価ではないけれど実用的なものを贈るような時期に売れてるようです。自分で使う方も見た感じいますがプレゼントするために2個買う、だとか4、5個買って子供にあげる。といった要素の購入者が比較的多い印象がありました。

お値段も一個1140円、とお手頃価格です。なのでプレゼント用で100円のものを贈るのはあまりに安い、かといって毎年来る誕生日プレゼントに数万円もするものを贈るには高すぎる。となると千円〜3千円くらいでプレゼントすれば相手を軽んじた金額でもなく、重すぎず、といったちょうどいい贈り物になりそうな時計です。

ECサイトから購入であれば、当店からプレゼント用の巾着に入れてそのまま渡せるプレゼント商品としてお届け可能です。

ECサイトのURLはこちらです。

https://watanabesyoji.com/store/

キーホルダーウォッチに直接アクセスならこちらです。

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=index&cPath=1_5_2_78_85

入金方法を決めました

PaypalとJNB銀行とイオン銀行にしました。

なぜこのような組み合わせにしたのか、と言いますとたくさんペイメント機能は提供されていますが、決済手数料がどこも5%〜15%くらいかかるわけです。それとECサイトとして導入すると初期費用と月額利用料がかかるのです。それがけっこうお高くて初期費用数十万円、月額基本利用料数万円、と完全に売り上げが数千万〜数億円規模の企業を対象にしているわけで、となるといずれそのくらいの売上が出るようになるかもしれませんが導入初期にその出費は痛い、ということで導入費用が0で使える同行間手数料0円の、ネットバンキングが使えるところ、にしました。最近までどこも手数料はかかるようだったので0円のところが出てきてようやくネットバンクが使える、と言った具合でしょうか。

そうして入金手数料が通常10%くらいかかっていたペイメントにしない代わりに、その手数料分を10%〜月額利用料分、をお客様還元として割引に使用できる枠が出るようになります。

Paypalを選んだのも、導入にかかる費用がなく、決済した時だけ5%+70円(少額決済)と導入リスクも低く、クレジットカードで決済したい方への対応手段として一つは必要と考えてました。ECサイトでもクレジットカード決済の機能はついてますが、昨今セキュリティ対策を万全にしていないとすぐにクレジットカード番号の流出などが起きてしまいますので、決済はPaypalがカード番号の保持、にすることでセキュリティ対策はPaypalが行うようになり、ECサイトとして流出対策に心血を注がなくて済むようになるわけです。

それに当社の使用しているECのzencartにも完全対応しているからです。

代金引換

は使わないことになりました。なぜなら代引きを利用するということは宅急便などのちょっと高めな発送方法でないと契約できないからです。だいたい1通1300円ほどの送料に代引き手数料だいたい400円ほどなので、うちの商品価格を考えるとあまりに高額。1商品だいたい千円前後です。となるとなるべく決済手数料、送料は低く抑えて行く、と言った戦略になり代金引換は使わないことになりました。

まとめ

1個千円ほどの商品をECから買う場合だと、なるべく他の費用を抑えて、せいぜい送料200円まで、未着リスクがあっても諦めのつく価格だと送料や手数料はなるべく安くしたい、というのがお客様目線だと思い決済手段と発送方法を選びました。

七夕にちなんだネックレスを3点ピックアップしてみました

七夕といっても当社取り扱い品に七夕に合わせたぴったりなアクセサリーというのはなかったので、それに近い商品を3点選んでみました。選ぶのもけっこう面倒でこちらで合いそうなものを選んでおすすめします。

2個のネックレスのハートがくっつくタイプ

織姫と彦星が離れ離れになって1年に1度だけ会える、といったところから、ハートがくっつくネックレスを選んでみました。お値段は1個800円、2個セットで1600円にクリックポストの送料198円です。

材質はニッケルで磁石にもくっつくタイプで、いろいろと離れない、くっつく、といった縁起の良い雰囲気が漂うネックレスです。

右側

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_2_11_32&products_id=625

左側

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_2_11_32&products_id=624

ハートのロケットペンダント

ぶっちゃけあんまり関係ありません。近そうな商品をピックアップなので、織姫と彦星は星なのでロケットで飛んでいく、のような安易な発想で選択してみました。こちらはゴールドとシルバーの2色あるのでペアで所持して、ロケットになんかを入れておくといった使い方です。

シルバーカラー

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_2_11_32&products_id=184

ゴールドカラー

https://watanabesyoji.com/store/index.php?main_page=product_info&cPath=1_2_11_93&products_id=185

購入や商品に関するお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

金メッキの喜平ネックレスの色落ちの防ぎ方

安く買えるフェイクアクセサリーは地金が安価な鉛、ニッケル、銅などが使われていて、その表面に数ミクロンという薄さで14金メッキが施されて写真のような金色の輝きを出しています。

その薄さからちょっとした皮脂汚れの付着などでも早い段階で表面のメッキが取れて地金が出てきます。

写真の左側から、半年ほどそのまま着用して何も対策せずに身につけた喜平ネックレス。地金は銀色で磁石にくっつくのを確認したのでニッケルです。

真ん中は1ヶ月ほど何も対策をせず身につけた喜平ネックレスです。多少黒ずんできてちょっとネックレスとしてつけるのはなんだかな、といった色合いになってきています。

右側は同じく1ヶ月身に付けた喜平ネックレスです。ただし身に付けた日は終了時に泡石鹸で汗や皮脂を洗い流し、ヒーターで水分を乾燥させてから手を触れないよう布やタオルなどで巻いて保管したもの。これをすることでかなり金メッキの寿命が伸びます。汗や皮脂が原因で剥がれるんです。

購入者の方は、メッキのフェイクアクセサリーを1日が終わった時にこのように汗と皮脂を石鹸で洗い流して保管、これを忘れずにすることで長く、金色の輝きが続きますので、必ずやってほしいです。

他の手段はないの?

毎回洗うのは面倒なんですが、他にもやはりフェイクアクセサリーを取り扱ってるストアなので、使えそうなものをいろいろ試してみました。結果としてほぼダメで、洗うのが一番長持ちする、という結果になりました。

液体ガラスコーティング

撥水液

透明マニキュア

透明レジン

などを試しました。レジンは固まってしまうので、動かないネックレスのトップをコーティングする、なんかの用途に絞れば直接触れないのでずっと色落ちせず使えそうです。ネックレスのチェーンになると、鎖が動くのでレジンは使えません。コチコチに固まった状態でまで身に付けたくはないです。

他、液体ガラス、撥水液、マニキュア、も試してみたのですがどれも色落ちし出したのでダメでした。2重、3重、と重ねても肌に触れているうちに表面に施したコーティングが剥がれてしまうんですね。

再メッキする

これも可能です。

でも金メッキを施すにはいくら薄くメッキするといっても14金がある程度必要になってきます。14金というのはメッキをする分量だけなら数円分ですがたいていある程度まとまった量を買うことになります。それにメッキ処理の知識が必要になるのである程度自己学習が要ります。

金色にこだわらなければ、地金のニッケルが剥き出しになったままにする、でも銀色をしているので気にしないならそれでも良さそうです。

アルマイトを使ってゴールドの色にする方法もあります。ですがアルマイトのゴールドは貴金属の輝きではないのでジュエリーにするとちょっと不満がある仕上がりになりそうです。

こういった点から、けっこう本気で自分でメッキしてやろう、という方でないとハードルも高く、現実的ではないのがわかります。

リペア業者に出すのは

一応選択肢の一つとして、ただもちろんリペアはお安くはなく、フェイクアクセサリーを買った値段の10本分以上はかかると考えて間違い無いです。となるとフェイクアクセサリーは色落ちしたら買い替える、が現実的な手段です。

思い出の品、だとかであればそれだけの価値があればリペア業者に出すのもありと思います。

まとめ

このようにいろいろ試してめんどくささや、金額の面を考慮して一番現実的でお金をかけず、誰にでもできる方法として泡石鹸で汗と皮脂を落として布やタオルで保管、になりました。